ビリヤード日本史 可否茶館(千八百八十八年)(1888_可否茶館.pdf)

¥ 200

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は1点までのご注文とさせていただきます。

※こちらの商品はダウンロード販売です。(1486482 バイト)

日本最古のカフェとして知られる「可否茶館」は鹿鳴館に対抗し、庶民のための開かれたサロンを目指すという反骨心から生まれました。開業した鄭永慶の人生を追いながら、当時の様子を探っていきます。

多くの文献を当たり、日本におけるビリヤードの記録を追った『ビリヤード日本史』シリーズをデジタルブックとして販売!

ちょっとした時間にお読みいただけるボリュームとなっています。

【目次】
・日本人初のカフェ
・なぜ「カフェ」ではなく「可否」なのか
・庶民のサロンを目指した可否茶館
・可否茶館の設備とメニュー
・情念うずまく「カフェ」という場所
・可否茶館に集った人々
・新築された玉突室とその様子
・金策に苦心する永慶
・師弟の絆
・アメリカへ密航
・永慶の最後
・再開された可否茶館

※A4サイズ全27ページ、Secure PDF形式
※内容は予告なしに加筆修正されることがあります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する